2007年09月02日

skip式メタビー

旧制限期間の終盤はメタビートっぽいデッキを使ってました。
戦績はよくありませんでしたが、とりあえずこちらもメインで使っていこうかと。
大会を見ていて《森の番人グリーン・バブーン》と《黄泉ガエル》がウザいと感じたし、改定で規制されなかったので、除外できるカードは必要かな、と思っています。

叩き台としてこんな内容からスタート。
とりあえず、最後に使ったデッキの規制がかかったカードを適当に入れ替えただけ。
 
モンスター(23枚)
冥府の使者ゴーズ
サイバー・ドラゴン×3枚
異次元の女戦士
閃光の追放者×3枚
死霊騎士デスカリバー・ナイト×3枚
ボタニカル・ライオ×3枚
ハイドロゲドン×3枚
ドリルロイド×3枚
D.D.アサイラント×3枚

魔法(13枚)
地砕き
大嵐
早すぎた埋葬
月の書
サイクロン
突進×2枚
収縮×3枚
我が身を盾に×2枚
エネミーコントローラー

罠(4枚)
ダスト・シュート
砂塵の大竜巻×3枚

融合デッキ
キメラテック・フォートレス・ドラゴン×3枚

《死霊騎士デスカリバー・ナイト》と《ハイドロゲドン》と《閃光の追放者》は共存させない方がいい気もするけど、多方面から攻撃できるんだぞって感じで。
序盤でフィールドを制されたらほぼ間違いなく勝てないし、《死のデッキ破壊ウイルス》を打たれたら壊滅的なダメージを受けます。
初手と序盤の数ターンで勝敗が決まるので、ワシみたいに短気で、あまりルールを知らなくて、ちまちまデュエルして若い子に煙たがられるおっさんにはちょうどいいデッキだと思うわけです。
CFDのことを考えるなら《サイバー・ドラゴン》と《ドリルロイド》は《霊滅術師 カイクウ》や《ミスティック・ソードマンLV2》あたりと変えておいた方が良いかな。


posted by skip at 21:16| Comment(3) | TrackBack(0) | 遊戯王OCG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いい感じですね。

確かに追放者は自分にも枷になっちゃう気もしますので、バブーンはDD系に任せてもうひとつうざいカード「モグラ」対応もしませんか?

わしはこのところメインデッキからチェーンロストを入れてます。これならクリッター・蛙・モグラを除外できましからねぇ。

帝とかいろいろデッキは再生能力が高いのがいるからうざいので、自分は生きつつ相手は困るようにいかがでしょう?

葛飾のヘナチョコデュエリストでした〜♪
Posted by せつらっち。 at 2007年09月04日 01:09
>チェーンロスト
そういえば、《連鎖除外》って一時期サイドに必須だった時代がありましたね。
あれって何が流行ってたときだったっけな…。
考えはあったんですけど、噛み合わせだよなぁ、と思ったのでサイド候補でした。
ぶっちゃけ、メインに何枚入れてますか?
Posted by skip at 2007年09月04日 19:52
わしは二枚積んでサイドに一枚ですね。

これならある程度バーン相手にも初戦から威力を発揮してくれますし、たいていの人はモグラあたりはつんでますから。

一枚じゃ心もとないですしねぇ。
Posted by せつら at 2007年09月05日 01:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。