2007年08月17日

予想結果('07・9月編)

http://uploader.fam.cx/img/u18309.jpg
http://uploader.fam.cx/img/u18310.jpg
http://uploader.fam.cx/img/u18311.jpg
…、もし偽造ならよく出来てますよね。
信じていいんじゃない?
というわけで、予想結果を評価してみました。

 
【禁止へ】
○《押収》
○《強奪》
○《破壊輪》
×《突然変異》

う〜ん《突然変異》かぁ…。
融合モンスタをもっと正しく使って欲しい、ってことでしょうかね。
個人的には融合とか儀式って面白いシステムだと思うんですけど、勝ちを意識しだすと、使い方がコナミの考えとずれるんですかね。


【制限へ】
×《聖なる魔術師》
○《魔導戦士 ブレイカー》
○《光の護封壁》
×《D−HERO ディスクガイ》
×《カードガンナー》
○《巨大化》
○《スナイプストーカー》
○《洗脳−ブレインコントロール》
○《地砕き》
×《地割れ》
○《ダスト・シュート》
×《転生の予言》

は!? 《聖なる魔術師》ぃ!?
う〜ん、《月読命》は今回もだめかぁ、やっぱり。
前回も書いたけど、禁止カードを毎回毎回無理に戻さなくてもいいんじゃない?
《D−HERO ディスクガイ》は確かに簡単すぎるけど…、制限級なんだろうな、やっぱ。
《カードガンナー》はCGIでよく見ますよね。
墓地利用デッキには抜群の性能だし、戦闘破壊のドロー効果もそのスペックから誘発しやすいし…、制限級なのかな、やっぱ。
《地割れ》は出世しましたね、おめでとう。
そういえば《転生の予言》が悪さしてるところを見たことがないや。
健全なデュエルをしてきたんだなぁ…。


【準制限へ】
×《人造人間−サイコ・ショッカー》
×《貪欲な壺》
×《抹殺の使徒》
×《D−HERO ディアボリックガイ》
○《レッド・ガジェット》
○《イエロー・ガジェット》
○《グリーン・ガジェット》
×《王宮のお触れ》

なんていうか、《人造人間−サイコ・ショッカー》の陥落が時代の移り変わりを感じます。
お触れとショッカーで計3枚、ってのがコナミの出した答えなんでしょうね。
《貪欲な壺》は2枚入るかな?
MPTだっけ? ああいうコンセプトのデッキには朗報かもしれませんね。
《抹殺の使徒》はこの位置がなんとなくしっくりする気がする。
《墓守の偵察者》とか激烈に流行ったし、《聖なる魔術師》が復帰するなら2枚が妥当かも。
《D−HERO ディアボリックガイ》は2枚じゃ存在価値激減ですよね。
《王宮のお触れ》の準制限化は《N・グラン・モール》が禁止にならなかったことも踏まえて、お触れホルスに大打撃です。
サクリに続いて大好きなコンセプトだったんだけどな…。


【制限解除へ】
×《神殿を守る者》
×《D.D.アサイラント》
×《ゴブリンのやりくり上手》
×《魔のデッキ破壊ウイルス》

そういえば今回も制限解除を予想するの忘れてた。
《神殿を守る者》ってなんで禁止になってたんだっけ?
リアルで使ってる人見たことないや。
《D.D.アサイラント》は今後主力っていうか必須系になると思うんだけどなぁ…、そこまでじゃないか。
やりくりターボって準制限になったとたん全く見なくなりましたよね。
今後また使う人が出てくるのかな?
《魔のデッキ破壊ウイルス》は生贄になるカードがトーナメントシーンから撤退してたのでこの裁定なのかな?
強いカードだと思うんだけど。


【禁止改定を見て想像してみる】
帝、ライダー、サイドラに規制がかからなかったのはビジネス的な要素としか思えませんね。
ガジェだって世論の後押しでしぶしぶ準制限にしたんでしょう、どうせ。
大丈夫、6ガジェがガジェのスタンダードになるってだけですから。
帝やライダーは《強奪》《洗脳−ブレインコントロール》に規制がかかって若干生贄の確保の方法が変わるってだけで、影響なさそうだな。
《王宮のお触れ》に規制かけてバーン対策の改定が全く無いのは不思議だと思うわけですが、ワシが勝手に過剰になってるだけなのかな?
ヘッポコだから環境が読めてないってことですね。


posted by skip at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 遊戯王OCG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。