2005年05月01日

墜ちていく僕たち

『墜ちていく僕たち』(集英社)森博嗣

これは間違いなくミステリではありません。
なんて言うか、『世にも奇妙な物語』の候補にはなるかもしれないけど採用されない、という感じであります。
『すべてがFになる』の次にこの作品を読んだ人は落胆するでしょうし、この作品を読んだあと『すべてがFになる』を読むと、『すべてがFになる』のあまりのクオリティの高さに驚愕することでしょう。
なんて言うか「CLAMPが複数の漫画家であるとは思えない」の真逆「同じ森博嗣の作品とは思えない」という感じであります。

本当はもう少し上手いはずなんだけど、人に見せる分には、ま、この程度でよしとしておこう。自分だけの秘密の絵は、うふふ、もっともっとね、うふふ、上手いんだよ。

こういう心境って意外とあるのではないかと思います。
つまり妥協ですね。
なんて言うか、社会にでると全力疾走するための助走期間を別のことに使ってしまう、という感じ。
いつ本気を出すの? と聞かれた時にはもう本気を出すだけの余力が残ってないというか、実は既に本気だったというか…。


posted by skip at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ミステリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。