2005年03月01日

工学部・水柿助教授の日常

『工学部・水柿助教授の日常』(幻冬舎)森博嗣

根っからのミステリファンだと、この作品に対しては怒り心頭目から鱗かの両極端な評価を下すのではないでしょうか。
ワシは後者であります。
謎が提示されて解答を提示しないのは森博嗣氏の常套手段であります。
独特な言い回しが多い森博嗣氏の作品の中でも、この作品は特に多いと思いました。

印象的なフレーズがたくさん出てきますので、ぜひ傍らにおいて、ことあるごとに引用したい、という衝動に駆られまくった作品でした。
「国語」の授業に嫌悪感を抱いたことがある方は、ぜひこの作品を読んで、固定観念にとらわれない文章に触れていただきたいと思います。
国語の先生が懇切丁寧に教えてくれた文学の読み方を否定できれば、この作品は心底楽しめる作品だとワシは思います。


posted by skip at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ミステリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。