2009年11月13日

【ABPF】気になったカード

ちょっと気になったカードをピックアップ。

《バトルフェーダー》
効果モンスター
星1/闇属性/悪魔族/攻 0/守 0
相手モンスターの直接攻撃宣言時に発動する事ができる。
このカードを手札から特殊召喚し、バトルフェイズを終了する。
この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールド上から離れた場合ゲームから除外される。
BP中だから《王宮の弾圧》は無いよね?
サクリデッキを使っていて、相手がガンガン攻撃してくる状況は大概不利な状況ですから、ネガティブだけど《クリボー》よりは良いカードかもしれないし、汎用性も高いと思います。

《レプティレス・ヴァースキ》
効果モンスター
星8/闇属性/爬虫類族/攻2600/守 0
このカードは通常召喚できない。
自分または相手フィールド上に表側表示で存在する攻撃力0のモンスター2体をリリースした場合のみ特殊召喚する事ができる。
1ターンに1度、相手フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体を選択して破壊する事ができる。
「レプティレス・ヴァースキ」はフィールド上に1体しか表側表示で存在できない。
トークンでも可能らしいですね。
裏守備を吸収したサクリも当然特殊召喚のためにリリースできますから、状況によっては一気に2体除去できることになります。
まぁしかし、積極的に投入したいとは思えないカードではあります。

《ドリル・ウォリアー》
シンクロ・効果モンスター
星6/地属性/戦士族/攻2400/守2000
「ドリル・シンクロン」+チューナー以外のモンスター1体以上
1ターンに1度、自分のメインフェイズ時にこのカードの攻撃力を半分にし、このターンこのカードは相手プレイヤーに直接攻撃をする事ができる。
また、自分のメインフェイズ時に1度だけ、手札を1枚捨ててこのカードをゲームから除外する事ができる。
次の自分のスタンバイフェイズ時、このカードの効果で除外したこのカードを自分フィールド上に特殊召喚する。
その後、自分の墓地に存在するモンスター1体を手札に加える。
サクリデッキなど特定のコンセプトデッキでは事故が怖いわけで、手札を入れ替えられるのはありがたいわけです。
が、手札を入れ替える効果を持つカードは、どれもイマイチだったりします。
というわけでこのカード、やっぱりイマイチではありますが、モンスタである、というところが大きいかな、と思います。
チューナーに《ドリル・シンクロン》を選択したデッキなら、エクストラデッキに入れて損は無いと思います。

《シンクロ・コントロール》
速攻魔法
このカードは自分フィールド上及び自分の墓地にシンクロモンスターが存在しない場合のみ発動する事ができる。
1000ライフポイントを払い、相手フィールド上に表側表示で存在するシンクロモンスター1体を選択して発動する。
自分のエンドフェイズ時まで、選択したモンスターのコントロールを得る。
《調律師の陰謀》
永続罠
相手フィールド上にシンクロモンスターが特殊召喚された時に発動する事ができる。
そのシンクロモンスター1体のコントロールを得る。
この効果でコントロールを得たモンスターは破壊された場合ゲームから除外される。
そのモンスターがフィールド上に存在しなくなった時、このカードを破壊する。
《シンクロ・コントロール》はシンクロ限定なのは残念ですが、相手ターンに発動できる速攻魔法であることが大きいと思う。
その場合は伏せるタイミングが難しいし、相手のデッキと戦術に大きく左右されますが…。
相手ターンに発動、という観点で言えば《調律師の陰謀》の方が上かもしれないけど、こちらは召喚時限定なのが厳しいと思う。
しかし、どちらも一長一短あって甲乙付け難いですね。

《グレイモヤ不発弾》
永続罠
フィールド上に表側攻撃表示で存在するモンスター2体を選択して発動する。
選択したモンスターがフィールド上から離れた時、このカードを破壊する。
このカードが破壊された時、選択したモンスターを破壊する。
えっと、モンスタが2体以上いないと発動できないのかな?
確実に2体を除去できるのは魅力的だと思います。
《強制終了》のコストにするのも効果的ではないかと思います。



posted by skip at 17:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 遊戯王OCG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。