2008年07月13日

公認大会参戦記

というわけで、2007年10月27日・池田屋さんとこの公認大会以来の公認大会に参加してきました。
奇遇にも、ドルバッキーの部活が13:30ごろ終わって帰ってきたので、一緒に参加してきました。
店長とお話させていただいたところ、今日から公認大会ができるようになったとのことで、記念すべき第1回大会に参加できてとても光栄です。

場所:トレジャーボックス 古河店
形式:トーナメント(32人)
使用デッキ:skip式メタビート

 
【1回戦】vs.T村くん(ダムド)
後攻スタート
(1) ○
《霊滅術師カイクウ》《閃光の追放者》《ライオウ》で場を制し、《N・グラン・モール》で相手のモンスタ召喚を制して殴り勝ち。
(N/C)
(2) ○
1回戦同様に《霊滅術師カイクウ》《閃光の追放者》で場を制し、《N・グラン・モール》で相手のモンスタ召喚を制して殴り勝ち。

【2回戦】vs.Y中くん(グッドスタッフ→ハイビート)
後攻スタート
(1) ○
こちら《閃光の追放者》《霊滅術師カイクウ》で終始場を制す。
相手は終盤《神の宣告》2発でLP562まで浪費し、勢いで殴り勝ち。
(N/C)
相手、サイドチェンジでハイビートにした模様
(2) ○
序盤は相手から《閃光の追放者》《霊滅術師カイクウ》が飛び出し、相殺で消費しあう。
中盤、こちら《フォッシル・ダイナ パキケファロ》とBP(DS)で《収縮》を使ってフィールドを制すも、相手の攻撃宣言時にこちら《次元幽閉》発動し忘れて、《異次元の女戦士》守備表示で膠着。
終盤、相手《神の宣告》2発で粘られるも、《ライオウ》《フォッシル・ダイナ パキケファロ》《閃光の追放者》で場を制して殴り勝ち。

【3回戦】vs.きびとくん(アンデットダムド)
後攻スタート
(1) ×
自分《死霊騎士デスカリバー・ナイト》召喚、次の自分のターンに《N・グラン・モール》を召喚してしまい動けなくなる大ミス…。
せっかく序盤攻めあぐねてるのに、こっちも攻めあぐねて、あれよあれよと《ダーク・アームド・ドラゴン》×2とか《ゾンビ・マスター》とかゾロゾロ出てきて殴られ負け。
(S/C)
《サモンリミッター》とか《D.D.クロウ》を投入
(2) ×
初手《D.D.クロウ》が2枚、《閃光の追放者》だったかモンスタ1枚、《収縮》《サモンリミッター》《神の宣告》で先攻スタート。
《サモンリミッター》《神の宣告》を伏せた相手のターン、《大寒波》に《サモンリミッター》をチェーン…。
これが失敗。
結局手札にモンスタが来ず、やむなく伏せた《D.D.クロウ》も相手《邪帝ガイウス》召喚で余計なLP1Kをプレゼント…。
なす術なしで瞬殺。

【戦評】2勝1敗
約10ヶ月ぶりの実戦、ジャンフェス以来のデュエルで、32人中ベスト8は上出来では?
さすが、トーナメントで3回戦くらいになると、大チョンボでサンドバックに成り果てるのは当然のこと。
一番モチベ方かかった頃には考えられないヘッポコなミスするあたり、実戦不足が顕著であったと思います。
それよりも、じゃんけん3連敗って…。

ところで、きびとくんってこちらのsaitamakibitoさんと同一人物かな?
過去の記事を読んでみるとそんな気がしますが…。


posted by skip at 19:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 遊戯王OCG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。