2007年08月20日

【GXCA】公認大会の…

必須アイテムとなって欲しいから発売したんでしょうか?
遊☆戯☆王デュエルモンスターズGX カードアルマナック』(07/08/09発売)
昨日(8/19)の公認大会では使用者はいませんでした。
正確には、使っている人を見かけませんでした。

ワシは、公認大会でのライフの計算は、メモ用紙にボールペンでその経緯が分かるように筆記しています。
そもそも公認大会規定でそう定められているし。
守ってる人って意外と少ないですよね、知らないんでしょう。
1.大会に必要なアイテム
★ 必ず必要なもの
参加者は、以下のアイテムを必ず各自で用意しなければならない。
● ライフポイントの合計を記入するための筆記用具
ライフポイントの推移を記入するためのメモ用紙と、ボールペン鉛筆などの筆記用具。
※ 大会では電子計算機のみを使用してのライフポイントの記録を禁止する。
http://www.yugioh-card.com/japan/tou/kitei01.html

で、このGXCAですが、その機能の中に「デュエリストツール」というのがあり、お互いのライフ計算、デュエルのターンカウント、サイコロ、コイン機能がつ付ています。
まだ実際のデュエルで使ったことはありませんが、試しにその機能を少しいじってみた感想など。

初見で使い方が分かりづらいので、使い方をおさらい。
まず「+」「−」のどちらかをタッチして数字を入力。
「自分(MY LIFE POINT)」か「相手(RIVAL LIFE POINT)」をタッチ。
ここで3つ文句を言いたいです。
まず、自分と相手の色。
一般的に、自分は青、相手(敵)は赤を使うんじゃないの?
次に、四則演算(加減乗除)。
なんで+と−だけなの?
《神の宣告》など、いくらフリーデュエル用とはいえトーナメントシーンで見るカードもサポートしてよ、って感じ。
とくに電卓だけでライフ計算してる人は《神の宣告》が意外と面倒だったりすることない?
最後にコイン。
どっちが表でどっちが裏?
せめて相手に「こっちが表ですよ」って確認できるようにしてくれてもいいのに。
あと、《ブローバック・ドラゴン》みたいに複数回コインとすする場合があるので、いちいち「戻る」をタッチした後また「COIN」をタッチとか非合理的じゃないかな。

文句だけではやっぱりってことで、優れている点など。
特筆すべきは「AC」ボタン。
どんな電卓にも必ず付いている、いわゆる「オールクリア」ボタンですが、これをタッチするとお互いに8000になります。
これは画期的。
この機能だけでもう使う価値ありだと思ったくらい(大げさだけど)。

他にはカードデータベースとコンボリスト。
これもまた使い勝手が悪すぎですね。
カードデータベースの方はWCS'07みたいなアイコンを使ってるのに、なんでコンボリストの方には無いの?
それに、コンボの名前(「アニマルキングの本領」「美鳥の舞」など)を選択しろ、っていうけど、その名前にピンとこないし。
っていうか、カードデータベース同じインターフェイスにしてカード名からも検索できるようにすればよかったのに。
コンボリストの中身の方はルールにはちと煩い皆さんが徹底的に検証なさるでしょうからスルー。

というわけで、話題になってんだかどうだか良く分からない3枚のカードのおまけとしてはややお粗末なもの。
2,500円はちょっとボッタクリ価格かなぁ、という印象です。
カードに魅力を感じなかったら買う必要ないかと。


posted by skip at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 遊戯王DM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。